SPECIAL FORCE STAFF が最新情報などを定期的に更新していきます

中古商品のご紹介です。

皆さんこんばんは。

Y(クマ)です。

 

新たに入ってきた中古商品のご紹介です。



東京マルイ製 ガスブローバックハンドガン M&P 9Lカスタムです。

この中古商品にはカスタムがされており、スライドとアウターバレルは3Dプリンターで製作されています。

表面の質感がつや消しになっているので見た目がとても渋く見えますね。

またスライドが非常に軽量なためスライドの動きも軽快ですよ。



ロアフレームにも滑り止めのステッピング加工がされているのでグローブをしていてもしっかりとグリップしてくれます。

 

東京マルイ製ガスブローバックハンドガン M&P 9Lカスタムは

SPECIALFORCE中古価格¥18,000(税込み)です。



この商品には別にノーマルスライド、アウターバレル、インナーバレル、チャンバー、シリンダーが付属します。

つまりスライドを取り換えるだけで4.25インチのM&P9と5インチの9Lとの着せ替えが可能なんですよ。

 

そのほかにもまだまだ中古商品を出品中です。

中古商品は一品物なので買い逃してしまうと二度と出てこないかもしれません。

興味のある方はぜひお早めにご来店くださいね。

皆様のご来店をお待ちしております。
2019.06.14 by specialforce | 0 Comments »

本日は定例会の開催日でした~♪

皆さんこんばんは。

Y(クマ)です。

 

本日は定例会の開催日でしたよ。



総勢64名のお客様にご参加いただきました。

午前中のゲームは復活制限ありの殲滅戦を行いましたよ。

1人1回しか復活できないという限りある命の中、生き残りを掛けた激しい戦いが繰り広げられておりまし
たね。

中には勇猛果敢に突入する方たちもいてフィールド各所では激しい戦闘が繰り広げられておりました。


そして午後のゲームは「大隊vs小隊戦」というゲームを行いました。

守りのチームは3つの小隊に分かれて1階と2階にそれぞれ置かれているフラッグボタンを守ります。

攻め側の大隊チームは小隊チームの守っているフラッグボタン全てを押せば勝利なのでスタート前の入念
な作戦会議が毎回開かれていましたね。

スタートと共に2階のフラッグボタン目掛けて攻め側チームの大多数が攻め込む場面はとても迫力があり
ましたよ。

ゲーム中は皆さん声を出し合って連携をとっていましたね。

おかげで4戦中2戦ですべてのフラッグボタンを押すことに成功していましたね。

定例会では今後も色々なゲームを企画していきますのでお楽しみに。



昨日新発売した東京マルイ製FNX-45 TACTICALを早速定例会に導入しているお客様が数名いらっしゃいま
した。

性能などの感想を聞いたところ、スライドに低く装着できるドットサイトがとてもサイティングしやすく

作動も快調でガンガン撃ってガンガン当たるという感想をいただきました。

ドットサイトを装着したFNX-45を持たせていただきましたが、

フロントサイトとドットが合わせられるのでまっすぐにターゲットを捉えやすかったです。

FNX-45 TACTICALはSPECIALFORCEでも販売しております。

販売価格は16,400円(税込み)です。

 

次回の定例会は6月23日(日)です。

ご予定の合う方はぜひご参加くださいね。

皆さんのご参加お待ちしております。
2019.06.09 by specialforce | 0 Comments »

凸2イベント第3弾開催日でした!

こんばんは!

凸2(とっつー)です( 0w0)ノシ

本日は凸2主催イベント

凸2(とっつー)を鍛えよう!3」の開催日でした。



今回は前回、前々回を上回る17名のお客様にご参加いただきました!

ご参加くださった皆様、ありがとうございますm(_ _)m

最初のカウンター戦の後、両チーム1人ずつが2Fへ上がり、

上から指示を出す司令塔となってゲームを行う司令塔カウンター戦を行いました。

凸2側のチームは凸2が司令塔をやらせて頂きましたが、

ただ相手の位置を教えるだけでなく、全体を見て攻める場所やタイミングを指示する…

思っていたよりもとても難しかったです;

ただ、このゲームでは司令塔は撃たれないので迎撃と皆さんの動きを見ることに

集中でき、指示の出し方含めてとても勉強になりました。

その次のゲームは、私と立候補して下さったM様(仮名)の2人チーム対他の全員!

ただしこのゲーム、多数側のチームの弾数はなんと3発で1発でも当たったら終了の殲滅式!

対する凸2側は弾数は制限無しで無限復活。

多数側は弾切れしても逃げて1人でも生き残れば、凸2側は時間内に相手を全滅させれば勝ちという

ルールで行いました。

始まってみると凸2が当てられては戻り、当ててはまた当てられて戻り…と凸2はひたすら走り回る

鬼ごっこのようなゲームでした。

しかし、相方のM様(仮名)と協力し、何とか時間内に全員倒し勝利できました。

M様、ご協力ありがとうございました!

最後は再びチームを分け、先程の様に少人数対多数でのキツネ狩り戦、

ただし多数側が先に入り、少人数側が後から入ってスタートする逆キツネ戦でした。

多数側が先に布陣している為、少人数側は最初から厳しい展開。

少人数側が固まっての連携による突破が重要となるゲームでした。

今回は多くの方に来て頂いたのもあり、ゲーム後に味方チームの方に

さっきの私の動きの反省点やこういうときにどういう動き方をすればいいのか?など、

ゲームにおけるお話を色々な方に聞くことができました。

実際のゲームでも仲間の方に付いて行って、前に出るタイミングを教えていただいたりと、

実戦の方でもいろいろ学ばせて頂きました。

今回多くの方に鍛えて頂いたことで、

次は少しは成長した凸2を見せられるはず…というわけで、

次回の「凸2を鍛えよう!4(仮題)」も是非よろしくお願いします。



さて、明日はインドア定例会の開催日です!

今回も皆さんが楽しんで頂けるようなゲームを考えていますので

お楽しみに!

凸2(とっつー)でした( 0w0)ノシ



 
2019.06.09 by specialforce | 0 Comments »
1 2 3 4 5 6 878